2019年12月26日

本年の重症AGA治療の総括

お久しぶりの投稿で申し訳ありません。
本年も12月になり、ようやく重症なAGAに対する治療効果をまとめる事ができる状況になりました。
(美容の再生医療では、現在、新たな試みを開発中で、これは来年にご報告いたします。)
AGA治療では、今年に入りPRP再生医療、臍帯血幹細胞由来サイトカイン治療、ミノキシジルメソセラピー、それぞれを併用したコンビネーション療法を本格的に立ち上げました。
このコンビネーション治療を確立する以前は、ミノキシジル外用とフィナステリド(又はデュタステリド)内服の併用治療が効かないAGAは、それ以上に毛髪を増やすのが非常に困難でした。もっとも、ミノキシジルとスピロノラクトンを併用した内服治療を行えば、比較的簡単に毛髪を増やす事は可能です。しかし、それはで10年前のAGA治療と変らず、長期内服により心臓や腎臓への副作用が発症する事が懸念される治療法です。
私にとっては、いかにミノキシジルやスピロノラクトンを内服しないで難治性AGAを改善させるか、それが最重要課題でした。この度、たどり着いたこのコンビネーション療法には、私は非常に手応えを感じております。
1回の値段が安くはありませんが、なるべく少ない治療回数で効果が発揮できるように工夫しました。
山本岩根中山 半年の図.png

美容のPRP再生医療においても、有効率は100%ではありません。無効だった患者様は約15%に見られます。
工夫を重ねてより効果的な方法を(自分の顔を使って)試みております。無効率を極力ゼロにし、「非常に満足」と感じる患者様が極力100%になるように邁進中です。来年にはご報告できますので、お待ち下さい。

posted by 院長 at 19:08| 日記