2019年11月10日

AGA治療:サイトカイン再生医療とPRP再生医療の併用療法の今後の展望について

前回、サイトカイン再生医療とPRP再生医療の併用治療を行っているAGAの方の治療経過をお見せしました。
この場合のサイトカイン再生医療とは脂肪幹細胞由来サイトカインであるHARG療法の事で、HARG+PRPの併用治療を行った例です。
同じ治療を行った他のお二人(写真提供の許可を頂けた)の経過写真が用意できましたので、今回、提示いたします。
二人の経過.png

1ヶ月半前後(可能なら月1回)に1回の頻度で治療を行い、3回の治療ではほぼ変化が見られませんでしたが、4回目の治療を境に肉眼的にもAGAの改善が分るようになっております。
比較的重症な例ですが、治療回数を重ねてゆく事により発毛効果が得られる事が推察されます。
これらの方達には5回目の治療から臍帯血幹細胞由来サイトカインとPRPを併用し、さらにミノキシジルメソセラピーを併せた複合治療を行っております。
1回目の治療からこの方法を行っている方では、1回の施術で肉眼的改善が見られている方もいらっしゃいます(写真提供の許可が得られずお見せする事はできませんが)。
臍帯血幹細胞由来サイトカイン(CytB)は、脂肪幹細胞由来サイトカイン(HARG)よりも種類が豊富で各サイトカインの定量値も高く、より強い効果が期待できます。
HARG+PRPでは効果発現に少なくとも4回の施術が必要でしたが、今後は、CytB+PRP+ミノキシジルメソセラピーの複合治療によって、より少ない施術回数からの効果発現が期待できると考えられます
また、写真のように、かなり進行してしまった(AGA歴20年以上)場合でも、発毛効果が期待できると考えられます。

posted by 院長 at 16:12| 日記

2019年11月05日

再生医療によるAGA治療の経過について

皆様、お久しぶりです。
前回、サイトカイン再生医療+PRP再生医療によってAGAが軽快し始めた例をご紹介しましたが、今回はもう少し詳細に経過をご説明いたします。
この方は治療開始して最初の4ヶ月間はほとんと改善は見られませんでした。しかし、4回目の治療が終了した後から急速に発毛が認められるようになりました。
このようにAGA治療では1回目の治療が終了してからすぐに効果が出る、というものではありません。発毛するまでにある程度の期間が必要ですので、その事をご理解頂き、根気強く継続して頂きたいと考えています。
同様に顔の美容に対する再生医療でも、1回目から効果が出るとは限りませんのでご了承下さい。

図3.png
当院のAGA外来(女性の薄毛も対応)では治療内容とその価格を分かりやすく開示しています。
AGA治療でよく用いられるミノキシジル錠やスピロノラクトン錠の長期内服は心臓・腎臓系の副作用が懸念されます。当院では副作用が少なく発毛効果が期待できる治療方法を推奨しています。
発毛効果を重視しすぎて安全性が疎かになったり、逆に安全性を重視しすぎて発毛効果が不十分だったり等々、偏りすぎない治療を心がけています。
また、強い効果が期待できる治療はやはり高額になります。AGA治療は年齢や進行度によって治療方針が異なりますが、その人が支払える金額の範囲内で治療しなければなりません。
初診時にこのような事を相談しながら治療方針を決めてゆくのも、当院が大切にしている事です。もちろん女性の薄毛治療にも同様に対応しています。
posted by 院長 at 11:03| 日記