2019年10月12日

重症AGAが改善するPRP再生医療とサイトカイン再生医療の併用療法

お久しぶりです。
以前から提唱しているPRP再生医療にサイトカイン再生医療を併用するAGA治療の結果が、ようやく出始めましたのでご報告いたします。
以前のブログでも慢性に経過しているびまん性円形脱毛症などに再生医療が有効だった例をお示ししましたが、
今回は脱毛歴25年以上の重症なAGAの方にPRP再生医療とサイトカイン再生医療を行った例です。
下の図はまだ治療途中の経過ですが、治療前と治療5回後の比較写真です。
図1.png
重症なAGAの方、あきらめないで下さい!
通常ですと、この重症クラスのAGAは、医療機関側が治療を諦めてしまうか、もしくはミノキシジルやスピロノラクトン(発毛作用がある降圧利尿剤)を多めに処方する危険な治療で対応するようになります。
この方はミノキシジルやスピロノラクトンは服用していません。
その代わり、5回目の治療からミノキシジルメソセラピーを併用しています。ミノキシジルメソセラピーについてはAGA外来のところで詳しく説明してますので参考にして下さい。
posted by 院長 at 13:15| 日記