2017年07月28日

院長のPRP再生医療体験記

当院でPRP再生医療を始めるにあたり、まずはその効果を確認するため、自分自身で(鏡を見ながら)注入してみました。
しかし、3週間たってもまったく効果が見られませんでした。
ただ単にPRPを皮膚に注入すれば簡単に効果が出るというものではなかったのです。PRPを注入する深さや量の問題もさることながら、PRPが持つ再生能力をいかに最大限に発揮させる事ができるのか? という工夫が足りなかったのです。
都内の医院と比べて格安の値段とは言え、やはり高い料金を頂くわけですから、患者様には目に見えるような効果を提供したいという一念のもとに、その後は、皮膚の老化やアンチエイジングに関する英語論文を読みまくり、そして現在の方法にたどりつきました。
結果を提示します。
左写真は今年3月の写真です。恥ずかしながら、60歳でかなり疲れてたるんだ顔をしております。
右写真は今年7月の写真です。顔の各部位でPRP治療を行いました。シワ、肌の張りなど明らかな改善が見られます。
顔 4月と7月.png
PRP治療の良い所は、もう1カ月ほど待てばもっと改善する事が期待できる事、そしてその効果が長期間継続するという事です。1カ月後にも経過をアップする予定です。お楽しみに。
posted by 院長 at 07:44| 日記