2018年09月02日

PRP体験記L AGA治療:PRP療法とHARG療法について

皆さま、こんにちは。
9月17日からホームページの「AGA外来」の内容が刷新されます
今回はそれに伴う薄毛(AGA)治療の朗報をご報告いたします。
薄毛治療のご希望は、当院では男性よりも女性の患者様の方が多い傾向にあります。
女性の患者様は、顔の美容の重要性と同等に「頭皮の美容」の重要性を認識していらっしゃるからだと思います。
(ただし、本気でAGAにお悩みの方は男性も女性も関係ありません。より早く、より確実に改善する治療法が求められます。)
女性の薄毛は男性の薄毛に比べ難治性で、PRP再生医療も効かない場合があります
もちろんAGA(薄毛)に対するPRP再生医療の有用性は認められていますが(添付の写真を参照)、
男性の場合でも、薄毛が広範囲にみられる重症例では、PRP再生医療が効きにくい事があります
そこで改めて薄毛治療について再考し、新たに採用したのがHARG療法です。
HARG療法は10年程前からあり、その効果はPRP再生医療と同等と考えておりました。しかし、今年に入って、HARG療法に新たな第二世代治療法が始まり、これがPRP再生医療よりも強い効果があるので、採用いたしました。
詳細はホームページの「AGA外来」の項にあります。

下図は、ミノキシジル外用とザガーロの内服治療を1年間行い十分な効果が得られなかった患者様のPRP治療1回目の前後の写真です。
写真下列は拡大鏡による頭髪写真です。治療前はうぶ毛のように細く短かった毛が多かったのに対し、1回の治療(2ヶ月後)でうぶ毛が減り、周囲の頭髪と同等の太さに成長しているのがわかります。この結果、肉眼的に頭髪のボリュームが増えているのです。
今後は治療回数を重ねる事で、さらに頭髪が太く成長する事が期待できます。
このようにPRP再生医療はAGA治療に有用なのです。しかし効かない事もあるのです。ですから、第2世代HARG療法を取り入れたのです。
田中さん前後の図.png

ホームページ中の「AGA外来」の内容を刷新します(9月17日に公開)。
そこでは、5年間ミノキシジルを外用しながらプロペシアやザガーロを服用し続けた場合の費用と、PRP再生医療やHARG療法を行った場合に5年間でかかる費用のシミュレーションをしています。金額的には、両者の間には、5年間にかかる費用に大きな違いはありませんでした。詳しくは「AGA外来」の項を参考にして下さい。


posted by 院長 at 15:20| 日記

2018年08月26日

体験記K この1年間で変化した私の顔貌

ご無沙汰しております。
この1年の間、私自身の顔に再生医療を施してまいりましたが、徐々にその効果が表れて来ました。
過去のブログでは、私のおでこ、まぶた、ほうれい線など個々の部位についての変化をご報告してまいりましたが、今回はこの1年間で私の顔貌がどのように変化したのかを提示します。
雄介顔1年経過(図形式).png
これまでにご報告したように、前額のしわの改善、下眼瞼のたるんだ状態の改善、わずかですがほうれい線の改善などがみられます。さらに顔が全体的に引き締まったという感じがします。これは頬全体にも均一にPRPを注入しているためと思われます。
PRP再生医療では1回の施術による変化はわずかです。しかし、2回、3回と重複する事により相乗的な効果が期待できると考えます。顔であれば半年計画薄毛(AGA)では1年計画を前提にまずは考えて頂けると良いのではないかと思いますそのために当院では値段を極力抑え、複数回の施術をなるべく行えるように配慮して価格設定しております。
薄毛(AGA)治療では多くの場合に1回で1本分のPRPで施術を行います。2か月に1回のペースで行うとして1回55,000円x6回=330,000円が1年間の費用の目安となります。
当院では今後、AGA治療でより有効と考えられるHARG療法も取り入れてゆく予定になっております。
真剣にAGA(男性&女性)にお悩みの方、私が真剣に対応いたします。

まずはお電話でご連絡下さい。
posted by 院長 at 21:04| 日記

2018年04月02日

院長の再生医療体験記J:首(動画での比較)

お久しぶりです。
今回は、弛んだ首の肌を改善させるために、PRP再生医療を行ってみました。
実は、首の肌は再生医療の効果が出にくい場所なのですが、友人に施術させてもらい試行錯誤を繰り返し、ようやく有効な施術方法が確立できましたので、今回は自分の首に行い、結果を報告する事にいたします。
また、首の場合、効果の判定は写真では難しいので、動画で報告する事にいたします。
(動画による効果判定はめったに無いものですので、注目して頂けたら幸いです)
首の肌のタルミは、じっとして動かない状態では解りにくいものです。しかし、首はよく動く部位ですので、首の動きと共に肌のたるみが判ってしまいます。
老化して弛んだ肌は、つまんで離すと、しばらく弛緩した状態が続きますが、PRP再生医療後の肌では、すぐに元に戻っているのが、動画ではわかります。ご覧ください。

私は手品師ではないので、つまむときの加減などで調整するようなトリックではありません。
首の肌をつまんだ時、肌の厚みが増している感じは自分ではわかります。真皮の弾力線維、膠原繊維が増えた結果、肌のタルミが改善しているものと考えます。
posted by 院長 at 20:50| 日記